仅对制药厂、医药研发公司、医药研究所、医院服务,不对个人开放!

Somazon 10mg for Injection

内用药
了解卖家
    国家: 日本JA
十二月 3, 2018 十二月 3, 2018





















































総称名 ソマゾン
一般名 メカセルミン(遺伝子組換え)
欧文一般名 Mecasermin(Genetical Recombination)
製剤名 注射用メカセルミン(遺伝子組換え)
薬効分類名 ヒト ソマトメジンC製剤
薬効分類番号

2499

ATCコード

H01AC03

KEGG DRUG
D03297
メカセルミン



商品一覧





米国の商品




相互作用情報



JAPIC 添付文書(PDF)



商品情報



























販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分

ソマゾン注射用10mg

Somazon 10mg for Injection オーファンパシフィック 2499408D1028 43570円/瓶

劇薬

, 処方箋医薬品




詳細情報






規格単位毎の明細 (ソマゾン注射用10mg)



販売名和名 : ソマゾン注射用10mg


規格単位 : 10mg1瓶(溶解液付)


欧文商標名 : Somazon 10mg for Injection


規制区分



規制区分名称 : 劇薬




規制区分



規制区分名称 : 処方箋医薬品


規制区分備考 : 注意−医師等の処方箋により使用すること




日本標準商品分類番号 : 872499


承認番号 : 20600AMZ01434


薬価基準収載年月 : 1994年12月


販売開始年月 : 1995年2月


再審査結果公表年月 : 2009年3月


貯法及び期限等



貯法 : 遮光して5℃以下に保存


使用期限 : ケース等に表示




規格単位毎の組成と性状



組成



ソマゾン注射用10mgは、1バイアル中にメカセルミン(遺伝子組換え)10mgを含有する。
本剤には溶解液として、日本薬局方生理食塩液2mLを添付している。




性状



本剤は白色の塊であり、用時溶解して用いる凍結乾燥注射用製剤である。本剤1バイアルに添付の溶解液1mLを加えて溶かしたときのpH及び浸透圧比は下表のとおりである。




濃度溶解液pH浸透圧比
10mg/mL生理食塩液1.8〜3.8約1

*生理食塩液に対する比

【色】
白色
【剤形】
凍結乾燥剤/散剤/注射
/液剤/注射






規格単位毎の効能効果及び用法用量



効能効果対用法用量



効能効果



下記疾患における高血糖、高インスリン血症、黒色表皮腫、多毛の改善



インスリン受容体異常症A型、インスリン受容体異常症B型、脂肪萎縮性糖尿病、妖精症、ラブソン・メンデンホール症候群





下記疾患における成長障害の改善



成長ホルモン抵抗性の成長ホルモン単独欠損症Type1A、ラロン型小人症







用法用量



下記疾患における高血糖、高インスリン血症、黒色表皮腫、多毛の改善



インスリン受容体異常症A型、インスリン受容体異常症B型、脂肪萎縮性糖尿病、妖精症、ラブソン・メンデンホール症候群



通常、1回0.1〜0.4mg/kgを1日1〜2回食前皮下に注射する。1日1回投与のときは朝食前に、1日2回投与のときは朝食前と夕食前に投与する。








下記疾患における成長障害の改善



成長ホルモン抵抗性の成長ホルモン単独欠損症Type1A、ラロン型小人症



通常、1回0.05〜0.2mg/kgを1日1〜2回食前皮下に注射する。1日1回投与のときは朝食前に、1日2回投与のときは朝食前と夕食前に投与する。








投与量は原則として低用量より開始し、症状及び検査所見に応じて投与量、投与回数を上記の範囲内で適宜増減する。注射に際しては、本剤1バイアルに添付の日本薬局方生理食塩液1mLを加えて溶解する。




用法用量に関連する使用上の注意



本剤の血糖低下作用はほぼ用量依存的であるが、血漿蛋白結合に非線形性(血漿蛋白結合率が血中ソマトメジンC濃度に依存して変化する)が認められるため、本剤の適用にあたっては、以下の基準を目安に投与量、投与回数の適宜増減を行う。(「薬物動態」の項参照)

インスリン受容体異常症



治療開始に先立ち、症例ごとに本剤の低用量(0.1mg/kg)から順次適当量を朝食前に単回皮下投与し、投与後の血糖値、血中インスリン値、血中ソマトメジンC濃度等の検査値の推移及び随伴症状の観察に基づき、治療用量、1日投与回数を設定する。治療投与への移行後は、それらの項目及び臨床症状(成長促進作用から考えられる臨床所見を含む)の定期的観察を行い、投与量、投与回数を適宜増減する。





成長ホルモン抵抗性小人症



治療開始に先立ち、症例ごとに本剤の低用量(0.05mg/kg)から順次適当量を朝食前に単回皮下投与し、投与2〜4時間後の血中ソマトメジンC濃度が同年代の生理的レベルの上限を著しく越えず、また随伴症状を認めない投与量を治療用量とする。1日投与回数は、単回投与後の血中ソマトメジンC濃度の持続時間から設定する。治療投与への移行後は、血中ソマトメジンC濃度及び血糖値を含む各種臨床所見の定期的観察を行い、投与量、投与回数を適宜増減する。



















信息来源:https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00000006

Send messageto seller
Chat unavailable
User is offline
Start chatting
User is online
更多信息

你必须登录或注册一个新账户,以便接触產品

登录 注册

评论

    You must log in or register a new account in order to post comments

    登录 注册

    有用的信息
    • 为避免欺诈,最好本地交易,使用支付宝担保
    • 不要使用不知名,有安全风险的支付服务
    • 请注意跨境交易风险。不要接受来自国外的银行支票
    • 本网站不涉及交易,不处理支付、运输、担保交易、担保支付、买家保护、卖方证明"

    仅对制药厂、医药研发公司、医药研究所、医院服务,不对个人开放!

    Top
    Online chat
    Login to start chatting Sign in